セロトニン症候群とは?

ここでは、「セロトニン症候群」の症状や、兆候が出た時の対処法について解説します。

セロトニン症候群とは

“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンについては知っていても、「セロトニン症候群」という言葉は初めて聞いたという方は多いのではないでしょうか。

「セロトニン症候群」とは、セロトニンが過剰に分泌された際に起こる症候のことをいいます。セロトニンが過剰に分泌される原因はいくつかあり、抗うつ薬とハーブの飲み合わせによって引き起こされるものや、「カルチノイド腫瘍」と呼ばれる腫瘍ができ、場合によってはセロトニンが異常に分泌されてしまうケースなどが挙げられます。「セロトニン症候群」は、放っておくと命に関わる危険な症状を引き起こす場合もあるので、早期発見を心掛けることが大切です。

セロトニン症候群の症状

「セロトニン症候群」の症状は、どんなものがあるのでしょう。

「セロトニン症候群」のおもな症状は、「精神症状」「運動症状」「自律神経症状」の3つに分かれます。イライラする、興奮する、心が落ち着かない、不安感、頭が混乱するなどの「精神症状」、体がこわばる、痙攣する、手足勝手に動くなどの「運動症状」、そして、発熱や発汗、下痢や嘔吐、頻脈といった「自律神経症状」がおもな症状といえます。

メンタルクリニックなどで処方された抗うつ剤を多く服用したり、薬が複数に増えたタイミングで、上記のような症状が表れた際には、注意が必要です。このような「セロトニン症候群」の症状が起こっていても、気づかずに薬を服用し続けると、症状の悪化や意識障害が起こったり、最悪の場合は死に至るケースもあるのです。

常に心が落ち着かず、頻脈があるなど「精神症状」「運動症状」「自律神経症状」の複数の症状が出た場合には、「セロトニン症候群」の疑いがあります。

セロトニン症候群の兆候が出た際の対処法

「セロトニン症候群」は、早期発見が重要です。「セロトニン症候群」の症状は、抗うつ剤を服用後、数時間で現れることが多いので、薬を飲んでしばらくは、体の変化を見逃さないようにしましょう。抗うつ剤と同時に、セントジョーンズワートなどのハーブのサプリメントを飲んだ場合に症状が現れる人もいるので、ハーブと抗うつ剤を掛け合わせて飲む際は注意が必要です。

また、抗うつ剤などの薬が増えたり、薬の種類を変えたタイミングで、「セロトニン症候群」の症状が出た場合には、すぐに服用を止め、かかりつけ医や薬剤師に相談することをお勧めします。「セロトニン症候群」は早期発見・早期治療を行えば、薬を中止してから1日から数日程度で症状が改善しますが、症状が進行すると、入院治療が必要になることもあるのです。