セロトニンとは?疑問あれこれ

セロトニン不足の症状は?

神経伝達物質として、感情の起伏や睡眠、記憶、社会的行動、学習、性欲などの多くの分野に作用している「セロトニン」。ここでは、認知の低下・消化器系の不調・疲労感・うつ病など、「セロトニン」が不足することで起こるさまざまな症状についてご紹介します。また、適度な運動や日光浴を行い、栄養面ではトリプトファン・ビタミンB6・炭水化物を摂取するなど、セロトニン不足を解消するための方法も伝授します。

ストレスとセロトニンの関係性とは?

「セロトニン」はストレスと脳の関係で重要な役割があるとされ、現在も研究が進められています。ここでは、「緊張する」「頭が真っ白になる」「あがる」「パニックになる」など、ストレスを受けた時に脳の中で起こる機能の変化や、ストレスとセロトニンの関係について解説。また、ストレスを解消するために必要なマインドについても掲載しています。

セロトニンと女性ホルモンの関係性は?

神経伝達物質である「セロトニン」と女性ホルモンの関係は、精神の病気と深いかかわりがあります。ここでは、月経前症候群(PMS)や月経前不機嫌性障害(PMDD)、月経前のうつ症状の増悪(PMED)、産後うつなど、女性ホルモンが欠乏することで起こる精神疾患と、セロトニンの濃度の関係についてまとめました。さらに、セロトニンを活性化させるために食べたいフルーツや栄養素についても紹介しているので、ぜひチェックしてください。

セロトニン症候群とは?

幸せホルモンとも呼ばれるセロトニン。こちらでは、そんなセロトニンが過剰に分泌された際に起こる「セロトニン症候群」の症状について解説します。イライラする、興奮するなどの「精神症状」や、体がこわばる、痙攣するなどの「運動症状」、発汗や頻脈などの「自律神経症状」のほか、気を付けたい抗うつ剤とハーブの服用方法についても掲載。
さらに、「セロトニン症候群」の兆候がでた時の対処法についてもまとめています。

オキシトシンとセロトニンの関係性って?

日々の生活で何となくやる気が起きない方や何をするにも億劫に感じてしまう方、ついイライラしてしまう…という方は、セロトニンだけでなくオキシトシンも不足しているかもしれません。セロトニンと同じように「幸せホルモン」と呼ばれる「オキシトシン」とは何か、その効果や分泌させる方法について解説しています。オキシトシンとセロトニンの深い関係性を知って、心をうまくコントロールする方法を見つけていきましょう。

ドーパミンとセロトニンの関係性

ポジティブな気持ちになりやる気を起こすドーパミンは、不足しても過剰になっても心のバランスを崩してしまう物質です。ドーパミンが体にとってどんな働きをしているのか、過剰になるとどうなってしまうかを解説。また、セロトニンのドーパミンに対する働きについても分かりやすく説明しています。「何だかやる気が起きない」「楽しい気持ちになれない」ときにも簡単にできる、ドーパミンをコントロールする方法についてまとめました。

メラトニンとセロトニンはどうちがうの?

セロトニンとセットでよく耳にする物質「メラトニン」について知っていますか?実は、メラトニンとセロトニンは互いに深く関わり合っています。体内のセロトニンが低下するとメラトニン分泌に影響する、メラトニンがつくられないとセロトニンがうまくつくられないというように、切っても切れない関係なのです。ここでは、メラトニンにはどのような働きがあるのか、メラトニン不足によって起こる症状や病気のリスク、セロトニンとの関係性について詳しく解説しています。

セロトニンとエストロゲンの関係って?

女性ホルモンのひとつエストロゲン。生理周期や加齢など、ホルモンバランスの変化によってエストロゲンが減少すると、不眠やイライラなどの「うつ」症状を引き起こすことがあります。これは、エストロゲンが「幸せホルモン」といわれるセロトニンの分泌に深い関わりがあるためです。ここでは、エストロゲンとセロトニンの関係性について解説。女性のライフステージで変化するホルモンのバランスと、うまく付き合う方法についてまとめています。