ストレスとセロトニンの関係性とは?

ここではストレスと脳の関係や、脳に作用するセロトニンの影響についてまとめています。

ストレスが脳に及ぼす影響

「緊張する」「頭が真っ白になる」「あがる」「パニックになる」。人前でスピーチをする際に、多少なりともこのような感情になったという経験は、誰もが一度はあるでしょう。このような現象は、「人前でスピーチをする」というストレスを受けたことで、脳の底部にある視床下部が反応し、副腎と下垂体からホルモンが分泌された結果、血圧の上昇や心拍数の増加などの症状が起こるためだとされています。

また、近年では、ストレスは感情や衝動を抑制する高度な精神機能を担っている「前頭前野」の機能も奪ってしまうことがわかってきました。
前頭葉にある「前頭前野」は、集中・意思決定・計画・洞察・判断・想起などができる脳の重要な機能を担っており、普段は精神の抑制装置の役割りを果たしています。

しかし、ストレスにより脳内にノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が放出され、「前頭前野」においてこれらの濃度が高まると、精神的な抑制機能が低下し、暴力行動やお金の浪費、薬物乱用といった衝動的な行動が抑えられなくなるのだといいます。

現在はストレス研究の課題も進み、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンとストレスの関係も解析されてきました。うつ病患者の脳内では、セロトニンの分泌が減少していることが分かり、セロトニンが前頭前野に作用してストレスや不安を調整する働きをしていることも指摘されています。このように、セロトニンはストレスと脳の関係で重要な役割があるとされ、現在も研究が進められています。

ストレスケアに有効なマインドとは

それでは、ストレスそのものを解消するにはどうすればよいのでしょうか。

幻冬舎から発売されている書籍「ブレインフィットネスバイブル」には、ストレスケアに有効な「マインドフルネス」について紹介されています。
マインドフルネスとは、日本では「念」や「気づき」のような意味合いの言葉で、呼吸や動作に意識を向けて「今、ここにある自分」を感じる瞑想法のことをいいます。現代は脳を極限まで酷使する時代であるため、“100年使える脳”を目指すための新しい提言として、このマインドフルネスという考え方が注目を集めているようです。

マインドフルネスには、呼吸瞑想、食べる瞑想、歩く瞑想などの方法がありますが、以下に簡単に取り組める呼吸瞑想をご紹介します。

セロトニンを活性化するには?

セロトニンを活性化するカギは生活習慣で、大事なのは食事、運動、そして太陽の光を浴びることの3つになります。

食事で見逃せないのは、セロトニンの生成に不可欠な必須アミノ酸のトリプトファンを多く含んだ食品をとること。具体的には大豆製品(豆腐、納豆、味噌、がんもどき)、乳製品(牛乳、バター、チーズ、ヨーグルト)、バナナで、とくに朝に食べるのがおすすめです。
また、トリプトファンからセロトニンを生成するのに必要なビタミンB6(多く含むのはレバーやマグロ、未精製の穀物、豆類など)、トリプトファンからセロトニンを生成するエネルギー源となる炭水化物(白米・パン・麺類、果物、芋)も併せて摂取しましょう。

運動はウォーキングやスクワット、体操などもおすすめです。日々の習慣として、深呼吸を取り入れるのもよいでしょう。

合わせて見逃せないのが、セロトニン活性療法です。科学的エビデンスが検証されたセロトニン分泌をコントロールする手技で、15分ほどの施術。過度のストレスから脳内ホルモンのバランスの崩れにより起こる、うつや自律神経失調症といった疾病にアプローチできる施術として注目を集めています。