パニック障害

パニック障害とセロトニンの関係性

パニック障害とは、何でもない状況なのに突然強い恐怖や不安を感じ、パニック状態になってしまうことを言います。パニック障害が起こるメカニズムは、まだ詳しくわかっていませんが、脳の神経系の機能に異常が起きているのではないかと考えられています。
パニック障害の方は、「大脳」「大脳辺緑系」「青斑核・視床下部」3つの部分に変化が起きていると言われています。この3つの部位で重要な役割を果たしているのが、情報をコントロールし、精神状態を安定させる働きを持つ「セロトニン」です。パニック障害の方は、セロトニンの分泌量に異常が生じ、強い不安を感じたり回避行動をとったりするのではないかと考えられています。

パニック障害の症状

パニック障害は、心と体どちらにも症状が現れます。

心の症状

体の症状

特に不安や恐怖感は「死んでしまうのではないか」と思うほど強く、自分ではコントロールが難しいのが特徴です。するとパニック発作を起こす状況や場所を避けるようになり、日常生活に支障が出てきてしまいます。また、症状が進行すると、うつ状態やうつ病になってしまう可能性も指摘されています。 また、パニックを起こしている状態を「パニック発作」、発作を起こしてしまったらどうしようと考え不安になる状態を「予期不安」、大勢の人が集まる公共の場所に恐怖を感じることを「広場恐怖」と言います。

パニック障害の原因とは

私たちの体は、地震や火事、事件など命の危険に晒された際すぐに逃げられるよう、パニックを起こすようにプログラムされています。危険なことがあったら、とにかく急いで逃げたり、大声を出して助けを求めたりする必要があるからです。
このような反応が日常に起きてしまう状態が「パニック障害」ですが、これはセロトニンなど脳の神経伝達物質に関係があるのではないかと考えられています。

パニック障害になりやすい人は

パニック障害は、誰でもかかる可能性があります。ただし、男性より女性、若い人、一等親(兄弟・親)にパニック障害の人がいる場合は、それ以外の人よりかかる可能性が高いことが知られています。

パニック障害の治療法は

パニック障害の治療は「投薬治療」「精神(心理)療法」の2つを中心に進められます。

投薬治療

パニック障害は、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)と、抗不安薬(安定剤)2つの薬を中心に投薬治療が行われます。SSRIは、セロトニンの分泌量のバランスを改善に導くもの。抗不安薬は、GABAの働きを高めることで、強い恐怖や不安感を和らげる効果があるとされているものです。SSRIは即効性がなく、継続することで効果が見られるものです。反対に抗不安薬は即効性があるため、症状に応じて2種類を組み合わせて服用することがあります。

精神(心理)療法

パニック障害は病気なので気持ちだけで治るものではありませんが、その人それぞれの症状に合わせて精神療法がとられることもあります。精神療法では、まずパニック障害についてしっかり理解するところからスタートします。それから少しずつパニックを起こしやすい状況を克服していくトレーニングを行いますが、それは治療が進んで症状が落ち着いた頃に行った方がいいとされています。
パニック障害は、本人だけでなく周囲が病気について理解し、ゆっくり見守ることも大切です。

セロトニンを規定値に戻す

パニック障害は、セロトニンのバランスが崩れることで起こるのではないかと考えられています。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれているように、分泌量が減ってしまうと、幸福感や充実感等のポジティブな気持ちを感じにくくなる可能性があります。セロトニンは運動や食事で分泌を促進できるほか、サプリメントを利用するのもひとつの方法です。

それ以上に注目を集めているのが、セロトニン活性療法です。『脳からストレスを消す整体』セロトニン活性療法は研究を重ね、臨床試験を実地して論文が医学誌に数度、登録されている科学的根拠がある手技(整体)です。パニック障害にお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。