うつ病

うつ病の発症はセロトニンと深く関係している

セロトニンは脳内にある神経伝達物質で、感情のコントロールや精神の安定などに深くかかわっています。ストレスの蓄積によりセロトニンの分泌が減っていき、その結果、脳の機能不全が起こります。
意欲の低下やイライラや悲しみ、不眠といった症状が現われて、うつ病を発症するメカニズムです。

うつ病を発症している方のセロトニン量のデータ

脳内のセロトニンの量を示すグラフ タンパク質と脳の栄養~うつ病とタンパク摂取~(https://www.alic.go.jp/content/000141085.pdf)

うつ病の患者さんは、セロトニンなどの神経伝達物質の量が少なくなっているのが、発表データに現われています(画像参照)。

9例中7例が血漿中のセロトニン量が測定不能で、男性はすべて測定不能、女性の2例のみが測定可能だったとのこと。とはいえ、その濃度は健常な中高年男性・若年女性のセロトニン濃度に比べても低く、測定可能だった20代女性のセロトニン値でさえ、低いものになっているそうです。

うつ病の原因とは

うつ病を引き起こすと考えられている原因をまとめました。

ストレス

人間関係・仕事・学校・家事・育児など、私たちの生活はさまざまなストレスにさらされています。強いストレスに晒され続けると、脳にあるセロトニンなどの神経伝達物質のバランスが崩れうつ病になる可能性があります。

また、ストレスはネガティブなものばかりではありません。嬉しいことや楽しいことでも、その感情が強すぎたり環境に適応できなかったりして、うつ病の引き金となることもあります。例えば、志望校への入学や子どもの結婚は嬉しいことですが、その後の生活の変化がストレスになってしまうこともあるのです。

過労

「過労死」がたびたびニュースなどで問題になりますが、働きすぎで心と体に負担がかかると、うつ病を引き起こすことがあります。

【体の病気】
心筋梗塞・脳卒中・糖尿病などの患者さんは、うつ病にもなりやすいと言われています。これは薬や病気そのものが脳に影響を及ぼすことや、病気が心理的ストレスになることが原因と考えられています。

うつ病になりやすい人は

うつ病になりやすいと言われているタイプをご紹介します。

真面目で責任感が強い

真面目で責任感が強い人は、周囲より頑張りすぎてしまう傾向が強いため、ストレスが強くうつ病になりやすいと考えられています。
つまり、真面目で責任感が強い性格そのものがうつ病になりやすいわけではなく、頑張りすぎた結果ストレスが蓄積してしまうことが原因です。物事に優先順位をつけたり、辛い時は周囲に助けを求めたりするなど、柔軟に対処することが大切です。

女性と高齢者

男性より女性の方がうつ病になりやすい傾向があります。妊娠・出産・月経などの体の変化のほか、結婚・育児など環境の変化も多いことが原因と考えられます。ただし、女性の方が病院を受診する人が多いので、実際には男性のうつ病患者はもっと多いのではないかと言われています。
高齢者にうつ病が多いのは、年を重ねるごとに死別や病気などのストレスが増えるのが理由のひとつです。

うつ病の治療法は

うつ病にかかってしまったら、どのような治療が行われるのでしょうか。一般的には「休養」と「投薬治療」を中心に、「精神療法」を組み合わせた治療が行われます。

十分な休養

うつ病治療で最も大切なのが「休養」です。うつ病にかかる人には真面目な性格の人が多いと言われており、「休むとかえって落ち着かない」「休むことに罪悪感を感じる」という人も多く見られます。
うつ病だと診断されたら、まずは心と体をゆっくり休ませることが大切です。家で休養できない状態なら、軽症でも入院となる場合もあります。

くすりによる治療

うつ病も体の病気と同じように、適切に薬を使うことで改善が見込めます。薬に抵抗がある人もいるかもしれませんが、医師から処方された薬を正しく服用しましょう。薬には西洋薬のほか、漢方薬が用いられることもあります。

精神療法(心理的治療)

うつ病の再発を予防するために、患者さんの認知・思考をより柔軟にしていく「精神療法」がとられることがあります。

セロトニンを活性化する

うつ病の発症には、セロトニン不足が原因のひとつと考えられています。セロトニンの値は、食事・運動・日光に当たることなどで改善できるとされています。
食事は、セロトニンをつくる原料となるトリプトファンが含まれた食べ物の摂取が重要。肉、大豆、乳製品、バナナなどを取り入れることが大切です。

運動において大事なのは、ウォーキング、呼吸をしっかり行うこと。朝のウォーキングやラジオ体操はオススメです。

そしていま注目を集めているのが、セロトニン活性療法です。 『脳からストレスを消す整体』セロトニン活性療法は研究を重ね、臨床試験を実地して論文が医学誌に数度、登録されている科学的根拠がある手技(整体)です。